ネット証券比較[2019年11月版]

投資信託比較&おすすめランキング

ネット証券会社の投資信託を徹底比較・ランキング!
気軽に投資が始められることで人気の投資信託。銀行などと違い店頭販売ができないネット証券は取り扱い数や独自のサービスなどで差別化を行っているようです。更にネット証券の中でも投資信託に力を入れている会社とそうでない会社に分かれていますのでサービス内容をここでしっかり比較して自分に合ったネット証券を選びましょう。
ネット証券会社の投資信託ランキング

投資信託おすすめランキング

ネット証券の中でも投資信託に力を入れている会社とそうでない会社に分かれていますのでサービス内容をここでしっかり比較して 自分に合ったネット証券を選びましょう。
  • 総合評価点
  • 10
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 2,654銘柄
ノーロードファンド 1,330銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) 2,030銘柄
トータルリターン+10%以上 (3年) 449銘柄
投信検索・ランキング 検索アプリ名 投信パワーサーチ
投信スクリーニング種類 13種類
スクリーニングの内訳 注目キーワード,ピックアップファンド,保有中,ファンド分類,投資地域,買付手数料,決算頻度/分配金額,委託会社,スターレーティング,トータルリターン,純資産,運用期間,取扱取引・オススメ
投信積立 サービス名 投信積立
積立可能銘柄数 2,536銘柄
最小積立額 月100円から
評価ポイント

投信取扱い数トップのSBI証券。トータルリターンプラスの銘柄数も多く,さすがの実力を発揮しています。また銀行連携でらくらく投信積立ができる点もGood。なお積立は100円からOKなのでお小遣い感覚で投信を始めることができますよ。

今すぐ口座開設
SBI証券の公式サイトへ

  • 総合評価点
  • 9.5
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 1,182銘柄
ノーロードファンド 797銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) 908銘柄
トータルリターン+10%以上 (3年) 252銘柄
投信検索・ランキング 検索アプリ名 投資信託ファンド検索
投信スクリーニング種類 20種類
スクリーニングの内訳 キーワード検索,ファンドタイプ,申込手数料率,分配(決算)回数,特色で選ぶ,つみたて,為替ヘッジ,運用会社,投資対象地域,信託財産留保額,信託報酬率,分配金受取方法,純資産総額,運用年数,レーティング,リスクメジャー,トータルリターン,シャープレシオ,直近1年の分配金合計,設定来の分配金合計
投信積立 サービス名 投信積立プログラム
積立可能銘柄数 1,102銘柄
最小積立額 月100円から
評価ポイント

銘柄スクリーニングは圧巻の20種類。投資信託は銘柄選びが難しい商品なのでスクリーニング条件が多いのは助かります。更に投信購入時・保有時にもマネックスポイントが貰えるのも助かります。

今すぐ口座開設
マネックス証券の公式サイトへ

  • 総合評価点
  • 8.5
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 1135銘柄
ノーロードファンド 818銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) 818銘柄
トータルリターン+10%以上 (3年) 649銘柄
投信検索・ランキング 検索アプリ名 ファンド検索
投信スクリーニング種類 12種類
スクリーニングの内訳 キーワード,購入時手数料,つみたてNISA対象,iDeCo対象,資産クラス,分配金利回り,決算頻度,トータルリターン(年率),シャープレシオ,純資産,運用会社,基準価額
投信積立 サービス名 一括積立・個別積立
積立可能銘柄数 902銘柄
最小積立額 月100円から
評価ポイント

取扱い数は1135銘柄ですが,多くがノーロードと言う点は魅力です。また「投信工房」は簡単な質問に答えるだけで最適なポートフォリオを提案してくれるため,初心者にもオススメです!

今すぐ口座開設
松井証券の公式サイトへ

  • 総合評価点
  • 7.5
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 1,140銘柄
ノーロードファンド 702銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) 411銘柄
トータルリターン+10%以上 (3年) 42銘柄
投信検索・ランキング 検索アプリ名 ファンド検索
投信スクリーニング種類 11種類
スクリーニングの内訳 ファンド名,組入銘柄,協会分類,投信会社,手数料,トータルリターン,純資産総額,信託報酬及び監査報酬,直近分配金,レーティング,リスクメジャー
投信積立 サービス名 プレミアム積立
積立可能銘柄数 1,092銘柄
最小積立額 月100円から
評価ポイント

比較表には記載していませんが,auカブコム証券では投信を担保に信用取引が可能です。資金効率を高める意味でも,もしものときのサポートでも,どっちの方にも嬉しいサービスですよね!

今すぐ口座開設
auカブコム証券の公式サイトへ

  • 総合評価点
  • 7.5
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 526銘柄
ノーロードファンド 517銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) 352銘柄
トータルリターン+10%以上 (3年) 120銘柄
投信検索・ランキング 検索アプリ名 ファンド詳細検索
投信スクリーニング種類 18種類
スクリーニングの内訳 キーワード検索,カンタン検索,資産クラス,投資対象地域,ファンドタイプ,購入時手数料,決算回数,運用管理費用(信託報酬),運用会社,トータルリターン,リスク,シャープレシオ,運用期間,償還までの期間,分配金利回り,QUICK ファンドスコア,QUICK FUND RISK,基準価額,純資産総額
投信積立 サービス名 投信積立サービス
積立可能銘柄数 517銘柄
最小積立額 月100円から
評価ポイント

岡三オンライン証券の投資信託は取扱数こそ多くはありませんが, 独自の基準で厳選して提供する少数精鋭主義を取っています。またブル・ベア型ファンド以外の投信手数料をキャッシュバックする『ZEROファンドプログラム』も行っているため、ほとんどの投信が実質手数料無料で取引できると言うメリットもあります。

今すぐ口座開設
岡三オンライン証券の公式サイトへ

  • 総合評価点
  • 5.5
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 1009銘柄
ノーロードファンド 530銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) -
トータルリターン+10%以上 (3年) -
投信検索・ランキング 検索アプリ名 ファンド検索
投信スクリーニング種類 18種類
スクリーニングの内訳 キーワード検索,運用会社,カテゴリー/テーマ,投資地域,基準価額(円),純資産総額(億円),分配(決算)回数,直近分配金,年間実績分配金,購入手数料,累積リターン,イボットソン・ファンドスターズ,QUICKファンドリスク,シャープレシオ,追加型/単位型,取引可能コース,NISA,投信積立
投信積立 サービス名 投信つみたてプラン
積立可能銘柄数 684銘柄
最小積立額 月1,000円から
評価ポイント

取扱い本数も多く、銘柄スクリーニングも充実していますが、ポイントサービスを始めとして引き落し日選択や毎月の引き落し金額が10万までは申込手数料無料など利用者のことを考えたかゆいところに手が届くサービスが好印象です。

今すぐ口座開設
SMBC日興証券の公式サイトへ

  • 総合評価点
  • 5.5
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 116銘柄
ノーロードファンド 98銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) 80銘柄
トータルリターン+10%以上 (3年) 74銘柄
投信検索・ランキング 検索アプリ名 ファンド検索
投信スクリーニング種類 9種類
スクリーニングの内訳 キーワード,地域,資産,累積リターン,純資産総額,信託報酬,運用年数,運用会社,決算回数
投信積立 サービス名 投信積立
積立可能銘柄数 116銘柄
最小積立額 月100円から
評価ポイント

取扱い数は116銘柄と決して多くはありませんが, 全て「積立可能・NISA対応」です!更にノーロード(購入手数料無料)も豊富で投信検索や投信ランキングなども実装されていますので,投信取扱数が増えてくれば面白い1社になりそうです。

今すぐ口座開設
GMOクリック証券の公式サイトへ

  • 総合評価点
  • 1.5
取扱投資信託
投資信託 取扱本数 1銘柄
ノーロードファンド 1銘柄
トータルリターン+0%以上 (3年) 1銘柄
トータルリターン+10%以上 (3年) 1銘柄
投信検索・ランキング 検索アプリ名 -
投信スクリーニング種類 -
スクリーニングの内訳 -
投信積立 サービス名 -
積立可能銘柄数 1銘柄
最小積立額 月10,000円から
評価ポイント

ライブスター証券の投資信託は「ひふみ投信」一択!ノーロードで且つトータルリターンプラスの優良投資信託ですが,もう少し銘柄数を増やしてほしい感はあります。

今すぐ口座開設
ライブスター証券の公式サイトへ

編集部コメント

取扱い数はもちろん,投信保有額に応じたポイントサービスの競争が激しく,この当たりがユーザが気にしているポイントなのかなと感じました。各社でポイントが違うようですので下記の比較表や公式サイトでちゃんと比べてから取引を始めるようにしてください。投資信託は長期保有が原則ですので銀行利率と同じく少しでもポイント付与率が高いネット証券を選ぶことをオススメします。

※本ページの比較・ランキング情報はみんかぶネット証券会社比較 投資信託おすすめランキングより転載しております。

※本調査については、2019年11月11日時点のものになります。
※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。


TOP